MENU

川村あんり(モーグル)の母親や父親について!兄弟やハーフかも調査!

川村あんり(モーグル)選手は 2022 北京オリンピックで5位、17歳で大健闘しました。

2019年12月15歳、FISワールドカップで2位、衝撃的なデビューでした。

2022年17歳の今、FISワールドカップで優勝を重ね、世界のトップに立ちました!!

"上村愛子2世"と呼ばれて現在、ついにオリンピック日本代表に選ばれました。

そして、北京オリンピックでは5位、エアーでは実力を出せていたようですが、スピードでは海外の選手が勝っていました。

NHK記者のインタビューに「金メダル候補と言われて、その期待に応えられなかったが、頑張ればここまでできるということを見せて行きたい」と応えました。

こんな素晴らしい活躍をする少女をどうやって育てたのか、ご両親、ご家族について調べてみました
目次

川村あんり(モーグル)の母親

母親の情報は少ないですが、川村あんり選手の母は川村綾子さん。

出典:ミライモンスター

元アイスホッケー実業団の選手だったと言われてます。

ご自宅は東京都東久留米市にありますが、川村あんり選手が小学生の時から、一緒に冬場だけ新潟県の湯沢に滞在して、川村あんり選手が競技に集中できるようにサポートをしていました。

川村あんり(モーグル)の父親

川村あんり選手の父は川村修一さん。

出典:ミライモンスター

元アイスホッケー実業団の選手でした。

チーム名は「西部鉄道アイスホッケー部」、その後「コクドアイスホッケー部」、さらに男子チームは「SEIBUプリンスラビッツ」に女子チームは「SEIBUプリンセスラビッツ」と名前を変えて現在に至ってます。

修一さんは 「SEIBUプリンセスラビッツ」 のコーチになりました。

冬場は川村あんり選手と共に妻の綾子さんも新潟県の湯沢に滞在していますが、週一で修一さんも湯沢に通っていたそうです。

川村あんり (モーグル) に兄弟はいる?

兄弟の情報は見つかりませんでした。川村あんり選手は一人っ子かもしれません。

川村あんり (モーグル) はハーフ?

川村あんり選手は純日本人です。ハーフではありません。

海外の英語のインタビューには、普段から英語を使っているように自然な発音で言葉を返しています。

顔立ちもハーフのように見えます。この辺りが「ハーフかな?」と思われる理由なのでしょう。

ハーフでは?..と思いきや、父母は前述の通り日本人ですから、川村あんり選手はハーフではありません。

川村あんり (モーグル) スキーとの出会い

川村あんり選手がスキーを始めたのは3歳から、モーグルと出会ったのは4歳です。

こぶ状の隆起が続く雪の斜面を、スピードを競いながらアクロバティックなジャンプを2回飛ぶのがモーグルです。ワールドカップの基準では、斜面の平均傾斜度24°~32°、最大傾斜度37°です。

ジャンプしたときに空中で規定の技をいくつか組み合わせた演技を行います。これをエアと呼びます。

川村あんり選手が8歳のときに、雪上でエアのバックフリップを初めて成功させた動画です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる