MENU

tani yuuki(タニユウキ)の彼女は?出身校や家族の影響!・曲についても!

tani yuukiが2020年7月にリリースした「Myra」のTikTok再生回数は8000万回越え。

そして、2021年5月にリリースした「W/X/Y」(ダブルエックスワイ)のTikTok再生回数は3億回越えてロングヒットを続け、

2022年4月4日 の今もSpotifyトップ50で5位に入ってます。

tani yuukiの優しく切ない歌声、

そして作詞・作曲・編曲・サウンドメイクをすべて手掛け、ギター・ピアノ・キーボードの演奏もこなす。

そんな天才 tani yuukiの彼女や出身校や家族や曲について調べてみました。

目次

tani yuuki の彼女は?

tani yuuki の彼女はいません。が、真剣な恋愛経験がありました。

曲 W/X/Yについてのインタビューです。

──この曲のテーマは?
Tani 僕は結婚もしてないし結婚しようって思える人も現状いないんですけど、過去の恋愛経験を振り返って、“相手の子とずっとこの先も一緒にいる未来があったとしたら、どんなことを思うだろうか?”みたいなことを考えて作った記憶があります。

Vocal Web magazine

2022年3月のVocal Web magazineのインタビューで「結婚しようと思っている人は現状いない」と答えています。

真剣な恋愛経験をして美しい曲が生まれました。

今ヒットしている「W/X/Y」は過去の恋愛経験を振り返って作ったそうです。

歌詞の一部にそう思えるところがあります。

・・・
戯れるSlowly flowind day (ゆっくり流れる日)

愛してるも通り越して

違うもの同士こうして

年老いるまで笑っていたいね
・・・

出典:W/X/Y – Tani Yuuki (Official Lyric Video)

過去の恋愛経験から紡ぎだした言葉に「年老いるまで笑っていたいね」と有ります。

この歌詞から過去の恋愛は、結婚して添い遂げたいと思うほど真剣だったと推測されます。

ちなみに、W/X/Yの意味ですが、歌詞に「2人対の細胞」と書かれているところがありますが、

これを染色体で表現して曲名にしたそうです。

つまり、女性の染色体はXX(=WX)、男性はXYですが、これ合わせたW/X/Yを曲名にしています。

曲「Myra」も初めての大恋愛と失恋の実体験が元になっているそうです。

「今日歌わせていただくのは僕の大事な曲です。」そう言って歌い始めた失恋の曲「Myra」。

悲しみを美しい曲にすることができるのですね!

tani yuuki の両親は音楽好き

母親はtani yuukiさんがお腹の中にいる時からクラシックをよく聴かせていたそうです。

tani yuukiさんの父親がハードロック好き、母親がJ-Pop好き、家や車の中で自然と音楽が耳に入るし、

親にライブにも連れて行かれました。

なので、J-Popやアコースティックが好きになったそうです。

tani yuuki の出身校は?

出身校名まではわかりませんでした。神奈川県・茅ヶ崎出身ですから、その辺りの中学校と思われます。

tani yuukiは中学生でアーティストへ歩みだす

tani yuukiさんは、中学2年生のときに無理な部活動で病気になり、

学校生活を長期に休まざる得ない時期がありました。

病気は落ち着いたけれど、表の世界から遮られていたことにより、

自分の心境と外の世界とのギャップが凄く大きくなり、

自分の思っていることが外に発信できなくなった時期がありました。

そんなとき、祖父が楽器を勧めてくれて、アコースティックギターを貰いました。

徐々に覚えた曲の歌詞に、自分の気持ちを重ねることが多くなって、

「歌だったら発信できる」と思えたそうです。

これがアーティストへ歩みだすきっかけだったようです。

(詳細はVocal Web magazineをご覧ください。)

本当、音楽はこころのキズを癒してくれますね!

優しい祖父が居て良かったですねと思います。

この時期のことを次のようにも語っています。

中学3年生から1年ぐらいは引きこもっていたというか、
外の世界に対する抵抗みたいなものもあったので、
その渦中にいる時は親にもたくさん迷惑をかけましたけど、
自分の中でエンジンがかかる時って、ネガティブな感情が燃料になるので、
そうした経験も良いバネになったと思います。

JAPAN billboard

「ネガティブな感情を燃料にして、自分の中でエンジンがかかる」そうなんですね!

励みになる言葉だと思います。

病気で中学はほとんど学校に通えず、行ける高校が無いみたいな状態でしたが、通う事の出来る通信制高校を選んだそうです。

高校生のときRADWIMPSの「トレモロ」がものすごく美しいと思い、「RADWIMPSの野田洋次郎さん

みたいな曲を書きたい」と意識するようになったそうです。

高校卒業後はTSM 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校へ進学して2年間学んでいます。

専門学校ではバンドを組んで活動をしていましたが、

卒業時にバンド活動が休止になり、全てを一人でするようになったそうです。

辛い中学校生活の中で、未来に向けて歩みだしたところは、素晴らしいですね。

tani yuukiに影響を与えた音楽

tani yuukiさんが影響を受けた曲だそうです。

RADWIMPSの野田洋次郎さん、曲は「トレモロ」

back numberさんの話しかけるような歌詞

世界の終わりさんのメロディー、曲調

EDM(Electronic Dance Music)系曲のアヴィーチー

(詳細はVocal Web magazineをご覧ください。)

切ない恋物語をドラマチックに歌う曲はいいですね。こころに届く歌だと思います。

まとめ

今回はTikTokで人気に火が付いたtani yuukiさんの彼女や出身校や家族や曲について調べてみました。

https://twitter.com/yu___09___11/status/1507650800331362305?s=20&t=y8ZMKq9IR9a3J57AaYvDjg

今ところ彼女はいないようです。でも、大恋愛と失恋の経験があります。

中学校は神奈川県茅ケ崎市の辺りのようです。

ご両親は音楽好きで、tani yuukiさんも音楽好きになりました。

中学生のとき無理な部活動で病気になり、引きこもりがちになりましたが、

祖父に貰ったアコースティックギターでアーティストへの道を歩みはじめて、

TSM 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校卒業後、シンガーソングライターとして活動しています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる