MENU

【全国旅行支援】計算方法は?何回でも使える?12月のいつまで?

全国旅行支援が始まって間もなく(10月21日)、予算枠に達して受付を停止する旅行会社サイトが続出していますが、宿泊施設では、割り当てられた予算をまだ消化していないところがあります。

旅行会社サイトが受け付けて貰えなくても、あきらめず、直接宿泊先へ全国旅行支援が受けられるか確認して、予約できる可能性があります。

全国旅行支援の割引額の計算方法は?
全国旅行支援は一人何回でも使えるか?
全国旅行支援はいつまで実施されるか?
調べました。


目次

全国旅行支援の現在状況

全国旅行支援は各自治体に割り当てられた予算で実施されます。

始まって二日目ですが、既に予約販売終了している自治体があります。

予約販売終了しているかどうかの情報を表示しているサイトの一つはこちらです。

なお、この状況について10月12日 松野官房長官は「追加配分についても事業の進捗状況をふまえながら、必要に応じて国土交通省において適切に対応するものと考えている」と話しています。

【別記事】【gotoイート】他県の食事券の購入方法は?全国旅行支援との使用方法!

【全国旅行支援】計算方法は?

全国旅行支援の旅行代金割引総額の計算方法は、割引率と割引上限額と地域クーポン券消費額で決まります。

先に計算方法を紹介します。

【全国旅行支援】計算方法

割引率と割引上限額と地域クーポン券消費額を使った計算方法で、
旅行代金割引総額を求めます。

割引額A = 宿泊費や交通費の合計の40%

割引額B = 割引額A と 割引上限額を比較して小さい方

旅行代金割引総額 = 割引額B + 地域クーポン券消費額

 

それでは、計算方法の説明で使用した、
割引率と割引上限額と地域クーポン券消費額について解説します。

【全国旅行支援】割引率

割引率は40%です。

【全国旅行支援】割引上限額

割引上限額は、
宿泊+交通がセットの商品は、8,000円
宿泊や日帰りのみの商品は、5,000円
です。

割引額は、旅行商品の価格の40%ですが、
最大は割引上限額までとなります。

【全国旅行支援】地域クーポン券

さらに、地域クーポン券が貰えます。
地域クーポン券ですから、現地でしか使えませんが、
現地でしっかり地域クーポン券を使えば、旅行代金をグッと減らせます。
お土産店や飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関等で利用できます。

地域クーポン券は平日と休日で額が違います。
平日用の地域クーポン券は3,000円分
休日用の地域クーポン券は1,000円分

平日用のクーポン券の額が高いのは、平日に観光客を誘導したいからです。

さて、平日と休日で地域クーポン券の額が違うのですが、
旅行する日が平日と休日どちらであるかは、
カレンダーを見れば明らかですね。

でも平日用、休日用の、
どちらの地域クーポン券が貰えるか、はっきり分かりますでしょうか?

地域クーポン券は、
一泊二日で一枚、二泊三日で二枚、、、七泊八日で七枚貰えます。
土曜(休日)と日曜(休日)の一泊二日で休日用の地域クーポン券1,000円分が一枚貰えます。

ここで問題です。

では、日曜(休日)と月曜(平日)の一泊二日でもらえる地域クーポン券は、
休日用と平日用の、どちらでしょうか?

 

答えは、平日用の地域クーポン券3,000円分です。

整えますと、
平日用と休日用のどちらの地域クーポン券が貰えるか、
判断する方法は次の通りです。

宿泊の日と翌日が休日の場合は、
休日用の地域クーポン券が貰えます。

宿泊の日と翌日の両方または、
片方が平日の場合は、
平日用の地域クーポン券が貰えます。

なので、土曜日から一泊すると休日用の地域クーポン券が、
金曜や日曜や月曜から一泊すると平日用の地域クーポン券が貰えます。

日帰りの場合ですが、当日が休日か平日に従って、
そのまま休日用、平日用の地域クーポン券が貰えます。

【全国旅行支援】計算例

それでは、計算例を紹介します。

平日または、休日を含む一泊二日、三泊四日の旅行代金割引総額の計算例です。

平日の一泊二日

宿泊日:2022年12月4日(日)~5日(月)

旅行費は30,000円

内訳は
宿泊費+交通費 = 20,000円
飲食+観光施設 = 10,000円
だったとします。

割引額は8,000円になります。
(20,000円 ✖ 0.4 = 8,000円)

平日用の地域クーポン券3,000円が貰えます。

割引総額は11,000円になります。
(8,000円+3,000円 = 11,000円)

自己負担額は19,000円です。
(旅行費30,000円 - 割引総額11,000円 = 19,000円)

平日の一泊二日で往復の交通費無し

宿泊日:2022年12月4日(日)~5日(月)

旅行費は30,000円

内訳は
宿泊費 = 20,000円
飲食+観光施設 = 10,000円
だったとします。

割引額は5,000円になります。
(20,000円 ✖ 0.4 = 8,000円だが、往復の交通費が含まれないので、割引上限額は5,000円となる)

平日用の地域クーポン券3,000円が貰えます。

割引総額は8,000円になります。
(5,000円+3,000円 = 8,000円)

自己負担額は22,000円です。
(旅行費30,000円 - 割引総額8,000円 = 22,000円)

休日の一泊二日

宿泊日:2022年12月3日(土)~4日(日)

旅行費は30,000円

内訳は
宿泊費+交通費 = 20,000円
飲食+観光施設 = 10,000円
だったとします。

割引額は8,000円になります。
(20,000円 ✖ 0.4 = 8,000円)

休日用の地域クーポン券1,000円が貰えます。

割引総額は9,000円になります。
(8,000円+1,000円 = 9,000円)

自己負担額は21,000円です。
(旅行費30,000円 - 割引総額9,000円 = 21,000円)

平日の三泊四日

宿泊日:2022年12月6日(火)~9日(金)

旅行費は100,000円

内訳は
宿泊費(三泊)+交通費 = 80,000円
飲食+観光施設 = 20,000円
だったとします。

割引額は
80,000円 ✖ 0.4 = 32,000円ですが、
一泊の割引上限額8,000円 ✖ 3泊=24,000円を超えているので、
24,000円に抑えられます。

平日用の地域クーポン券9000円が貰えます。
(3000円 ✖ 3枚= 9,000円)

割引総額は 33,000円になります。
(24,000円+ 9,000円 = 33,000円)

自己負担額は 6,7000円です。
(旅行費100,000円 - 割引総額33,000円 = 6,7000円)

休日を含むの三泊四日

宿泊日:2022年12月1日(木)~4日(日)

旅行費は100,000円

内訳は
宿泊費(三泊)+交通費 = 80,000円
飲食+観光施設 = 20,000円
だったとします。

割引額は
80,000円 ✖ 0.4 = 32,000円ですが、
一泊の割引上限額8,000円 ✖ 3泊=24,000円を超えているので、
24,000円に抑えられます。

地域クーポン券7000円が貰えます。
(平日用地域クーポン券3000円 ✖ 2枚 + 休日用地域クーポン券1000円= 7000円)

割引総額は31,000円になります。
(24,000円+ 7000円 = 31,000円)

自己負担額は6,9000円です。
(旅行費100,000円 - 割引総額31,000円 = 6,9000円)

最低利用金額

次のように、最低利用金額を発表している都道府県があります。

1人1泊(回)あたり平日が5,000円、休日が2,000円です。
最低利用金額を下回る商品は対象外です。

こちらの一覧から都道府県のサイトで確認できます。

【全国旅行支援】何回でも使える?

全国旅行支援は何回でも使えます。
特に使用制限回数は発表されてません

連泊への適用は制限しているところが有ります。
例えば沖縄は、一回の予約または申し込みにつき最大7泊までに制限しています。

【全国旅行支援】12月のいつまで?

全国旅行支援の終了は12月20日、群馬県だけは当面10月31日までとなっています。
群馬県は早期に12月20日まで期間延長する方針です。
実際は、予算を使い切ったら、そこで予約受付終了となるところが多いでしょう。
新型コロナの感染状況によっては予約受付中断になる可能性もあります。

ちなみに、全国旅行支援はいつから開始なのかですが、
観光庁の発表は10月11日です。
でも東京都だけは、10月20日から開始です。
(東京都以外の道府県は、観光庁の発表の通り10月11日から開始です。)

なお、各都道府県の全国旅行支援の実施状況や、詳細の確認先は、こちらの一覧をご覧ください。

宿泊先によっても、全国旅行支援受付開始日が違うところが有ります。
例えば星野リゾートは10月25日から全国旅行支援の受付開始です。

まとめ

いよいよ、全国旅行支援が始まります!

全国旅行支援の内容は,
割引率40%,
割引上限額は条件によって8000円か5000円,
地域クーポン券は平日3,000円、休日1,000円
です。

割引率と割引上限額と地域クーポンをうまく組み合わせて、お得な旅行ができるように、
旅行割引の総額の計算方法や計算例を紹介しました。

また、いつまでに何回つかえるかも調べてみました。

全国旅行支援を使って、今まで行けないと思っていたところへ、出掛けてみてはいかがでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次