MENU

安倍元総理「核共有の議論を!」岸田総理「議論はしない!」国民は?

日本国憲法の前文に「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」と有ります。

非常に残念なことに、ロシアのウクライナ侵略を目の当たりにして、この一節は崩れ去りました。

従って、この憲法の前文を基に作られた、安全保障に関する憲法条文と、さらに、その憲法条文を基に作られた安全保障に関する法律や条約は見直しが必要です。

論理的に考えると、そう言い切れるのだと思います。

日本は独裁国家に囲まれています。

中国、ロシア、北朝鮮はいずれも独裁者の国家で、しかも核を保有しています。

ウクライナを見てわかった通り、

私たちの国も不意に独裁国家から襲われて、独裁者は核をチラつかせて他国の援軍を阻止しながら、

軍隊をドンドン私たちの街に送り込み、

たった今まで自分の日常生活の場所だったところが、戦争の現場になることが有ると言う事です。

そのような事がこの日本で起きないように、これからの安全保障をどうすべきか、

政治家やマスコミだけに世論形成を任せるのではなく、

自分のこととして世論形成にそろそろ参加するべきではなかろうか。

現代はブログやSNSがあります。

それらを使って皆でこの国と国民をどう守るべきかについて発信しようではありませんか、

世論を形成して国を安全圏へ動かしましょう! 民主国家日本なのですから!

と思い。順を追って考えたことを紹介します。

順に考えて、どう考えが絞られていくかが分かります。できれば最後までお読みいただくことをお勧めします。

あくまでも、一般の年金生活者です。今まで見聞き経験したことを基にした目線で書きます。

根拠があると思ったところは、言い切りで書きますね。その方が分かり易いので。

目次

安倍元総理は「核共有の議論を!」となぜ言ったのか

安倍元総理が「核共有の議論を!」と言ったのは、独裁者プーチンが核をチラつかせて、NATOの援軍を阻止して、核を持たないウクライナを侵略したからです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる