無料で車中泊|道の駅「湯西川」を拠点に温泉と観光スポット巡り・星空観測も!

当ページのリンクには広告が含まれています。

温泉巡りと抜群に綺麗な星空が楽しめて、
無料で車中泊のできる道の駅が関東にないか調べると、

東京の北、東北自動車道経由で3時間のところ、
栃木県日光市にありました。

国道121号線近くにあり、
野岩鉄道会津鬼怒川線「湯西川駅」があり
天然温泉「湯の郷」もある
道の駅「湯西川」です。

車でも電車でも来れるところで、

ここは単に温泉のある道の駅と言うだけでなく、
観光拠点として抜群の好位置にあるのです。

道の駅「湯西川」を拠点に温泉巡り、
観光スポット巡り、星空観察と
欲張りな計画を立てることができますよ。

ただし車中泊ができる設備はありますが、
RVパークではないので、
長期連泊して同じところを占有したり、
キャンプ行為(テント、野外で炊事など)はできないと心得て行きましょうね。

目次

無料で車中泊を楽しめる道の駅「湯西川」

無料で車中泊を楽しめる道の駅「湯西川」は標高600m。

東京からは東北自動車道経由で北上して3時間ほどで到着します。
所在地:栃木県日光市西川478-1

道の駅「湯西川」には、
トンネル駅「湯西川駅」と
天然温泉「湯の郷」があり、
湯西川ダックツアーの発着場になっています。

まさしく観光拠点ですね。

駐車場は
小型車52台
大型車3台
身障者用3台
EV車用急速・普通充電器各1台。

トイレは男子:大4小8
女子:8
身障者用:2

第一駐車場の奥に行くと
第三駐車場があり、
砂防ダム近くの駐車位置は静かそうです。

この辺りに車中泊するとよさそうです。
キャンプ行為なしですよ。

それでは、道の駅「湯西川」の四季の風景を紹介します。

普段使いの軽自動車で快適な車中泊を実現する装備の実例です。
ベッドキットとルーフキャリアで軽自動車(エブリイ)の車中泊を快適に!

春の道の駅「湯西川」

春のうららかな道の駅ですね。

それだけではありません。

春、夏、秋の4月から12月初めごろまで、ここから湯西川ダックツアーが楽しめます。

夏の道の駅「湯西川」

夜も暑く、扇風機を回したそうです。

秋の道の駅「湯西川」

車中泊した早朝の朝一の温泉はいいですね。

紅葉は、平日も混雑するほど素晴らしいところです。

冬の道の駅「湯西川」

駐車場には雪がこの通り、

冬タイヤかチェーンが必要ですね。

車内マイナス6.8℃になるそうです。

厳重な寒さ対策が必要なのはもちろんですが、
しっかりしたメーカの厳冬期の寝袋を用意すれば、心強いでしょう。

 

例えば日本製の冬用の寝袋です。

使用温度がマイナス34℃なっていますが、
野外のように冷えることがある車中泊は
冬はマイナス30℃以下の使用温度となっているものが安心でしょう。

 

さあ、寝る準備をしたら、
外は降雪でも、道の駅にぬるめの湯でゆっくり温まれる温泉が有るのは、極楽ですね。

露天風呂から電車が見えるとは、風情がありますね。

露天風呂で温まったら、冷えないうちに車の中で寝袋に入ると、心地良いことこの上ないでしょう。

冬の晴天の夜は空が澄んで、星空観賞にも良い季節です。

無料で車中泊ができて温泉巡りができる道の駅「湯西川」

無料で車中泊ができて温泉巡りができる道の駅「湯西川」に近くて
日帰り入浴が可能な温泉を調べて、
車の道のりで38km圏内にあるところを、
近い順に紹介します。

湯の郷

住所:日光市西川478-1
TEL: 0288-78-1222
入浴料:700円
道のり:160m、徒歩120m

道の駅には珍しい天然温泉「湯の郷」が隣接します。

「湯質は優しい」

「お湯はツルツル感があり、湯の花が舞っている」

「やさしい硫黄の香り」

などの口コミがあります。

道の駅に隣接する温泉「湯の郷」はタマゴ臭の硫黄泉です。

 

道の駅「湯西川」に近い別の温泉

道の駅「湯西川」に温泉はありますが、
そことは別の近場にある温泉巡りもしてみたいなら
次の四つがあります。

湯西川温泉、川治温泉、鬼怒川温泉

この四つの温泉の中から、
日帰り温泉が利用できるところを紹介します。

~~~湯西川温泉~~~

湯西川温泉は
道の駅「湯西川」を入口に谷川沿いに西へ14km行ったあたりの
渓谷沿いに立ち並ぶ閑静な温泉地です。

温泉の効能は、癒しの効果が高いようで、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態の改善や
筋肉や体の節々の痛みやこわばり、冷え性、高血圧、胃腸機能などの健康増進が期待されるそうです。

水の郷(湯西川温泉)

住所:栃木県日光市湯西川473-1
TEL:0288-98-0260
入浴料:700円
道のり:10.7km

「水の郷」は源泉かけ流しなので湧き出た温泉をそのまま楽しめますね。

「全体的に新しく綺麗」

「硫黄の香る温泉」

「無色透明でよくあったまりました」

などの口コミがあります。

外に無料の足湯や大つり橋、
良く整備された遊歩道に「蛾の美術館」などの施設があり
飽きさせません。

薬研の湯(湯西川温泉)

金井旅館の代々の露天風呂です。

住所:栃木県日光市湯西川993
TEL:0288-98-0331(金井旅館)
入浴料:無料
道のり:13.2km

アウトドアー派向きと言えそうです。

宿泊客でなくても無料だが、管理している「金井旅館」お声かけしてから利用しましょう。
脱衣所もなく、外から丸見えなので早朝か夜に利用するのがおすすめです。

良さは

「開放感が有る」

と満足する口コミが多いです。周りの景色が見えるのが良いのでしょうね。

「雨のせいか、ぬるい」

「44度と熱い」

などの口コミがありまます。

お湯のコンディションは変化があるようです。

温度調節は入る位置を変えて試すと良いでしょう。

~~~川治温泉~~~

川治温泉は
道の駅「湯西川」から
国道121号線経由で南へ8キロ行ったあたりの
山あいの閑静な温泉地です。

リブマックスリゾート川治(川治温泉)

住所:栃木県日光市川治温泉川治11
TEL:0288-78-0011
入浴料:1000円
道のり:6.2km

毎分1,000Lを超えるお湯が湧出!
湯はぬるめ、ゆっくりと浸れます。

露天風呂はやや外から見えそうとのXあり。

温泉だけに関する口コミを拾ってみました。

「露天風呂で金木犀の香りが
してとても気持ちよく入れました!」11月

「大浴場も露天風呂も湯量がたっぷり」

「温泉は良かった」

との口コミありました。

薬師の湯(川治温泉)

住所:日光市川治温泉川治278番地2
TEL:0288-78-0229
入浴料:700円
道のり:6.9km

地元の共同浴場にもなっている。

「肌に優しく滑らかな湯」

「温めのお湯でしっかり長く浸かれる」

などの口コミが有ります。

2017年のポストには、内風呂は男女別、外の露天風呂は混浴で遊歩道から丸見えだそうです。ちょっと注意しましょうね。

露天風呂はぬるめで夏に心地よさそうとのポストがあります。

~~~鬼怒川温泉~~~

鬼怒川温泉は
道の駅「湯西川」から
国道121号線経由で川治温泉を抜けて南へ17キロ行ったあたりの
鬼怒川沿いの
栃木県を代表する温泉地です。

鬼怒川温泉オートキャンプ場 上滝乃湯

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053
TEL:0288-77-2334
入浴料:500円
道のり:14.3km

湯は源泉からひいたアルカリ性単純温泉です。

男女別内湯と露天風呂がある。

露天風呂から渓流が眺められます。

日光きぬ川ホテル三日月

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝542-3
TEL:0288-77-0008
入浴料:平日1300円
    土日祝特定日シーズン1800円
道のり:15.2km

プール、おぷーろ、温泉を全部使える日帰りプラン 2500円

男女各10種類以上のお風呂が楽しめる

北関東最大級温泉テーマパーク、浴場は鬼怒川温泉屈指の広さ。

一心館(鬼怒川温泉)

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝542-3
TEL:0288-77-0008
入浴料:1700円
道のり:15.2km

鬼怒川でただ一つ、自家源泉100%を満たした、いろんな効能があるクアハウス。

全身浴や立ち湯、寝湯・渦流浴・箱蒸しなど湯船の種類が豊富

入浴プログラムでクアハウスの良さを試せます。

鬼怒川公園岩風呂

住所:日光市藤原19番地
TEL:0288-76-2683
入浴料:700円
道のり:15.6km

湯はアルカリ性単純温泉で
泉質がやわらかく、
神経痛、うちみ、冷え性、疲労回復などに良いとされています。

露天風呂は開放感があるとのこと。

ここは、道の駅「湯西川」の「湯西川駅」から電車でもこれます。
鬼怒川温公園駅下車、徒歩6分です。

大江戸温泉物語 鬼怒川観光ホテル

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2
TEL:0570-031126
入浴料:平日2200円、土日祝2400円
道のり:15.9km

2つの露天風呂、内湯は多種の浴槽巡りが楽しめます。

でかくていい風呂とのこと。

「湯は無味無臭無色透明」

「広くて綺麗」

「熱すぎずぬる過ぎず、ちょうどいい温度」

などの口コミがあります。

ホテルサンシャイン鬼怒川

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1437-1
TEL:0288-77-2727
入浴料:1080円
道のり:16.9km

大浴場、露天風呂で朝晩男女入れ替え制。

露天風呂から四季の移り変わりの景色を堪能できるとのこと。

「風呂は広く少々ぬるめだが、ゆっくり入るには良い」

「丁度よい温度だった」

などの口コミあり。

鬼怒川仁王尊プラザ

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原371-1
TEL:0288-76-2721
入浴料:700円 予約不要
道のり:17.9km

アルカリ性単純硫黄温泉 源泉かけ流し。

屋形船露天風呂、舞台の湯、岩石露天風呂、岩石室内風呂があり、

大きな釣り堀もあって、温泉と釣りを思い切り楽しめるところです。

「ぬる湯ですげートロトロ」

「湯船の数の多い」

「強アルカリのぬるぬる源泉がすばらしい」

などの口コミがあります。

鬼怒川プラザホテル 自然浴 離れの湯 あけび

住所:栃木県日光市小佐越字原19-26
TEL:0288-76-0350
入浴料:日帰り利用60分1部屋3800円~
    予約が必要
道のり:19.8km

部屋は個室、外に二つ風呂がある。

ぬるめで、ゆっくり風呂に浸れる

きぬの宿 志季大瀞(鬼怒川温泉)

住所:栃木県日光市小佐越1番地42
TEL:0288-76-3855
入浴料:600円
道のり:20.6km

森の中に立つ一軒宿

露天風呂と内湯

湯は無色透明の鉱泉

森の中に露天があり、まるで湖のようなエメラルドグリーンの大瀞と森の景色が眺められる。

風呂から鬼怒川のゆったりとした川面が見えてますね。

露天風呂からの眺めが良いとの口コミが多い。

八丁の湯(鬼怒川温泉)

住所:栃木県日光市川俣876
TEL:0288-96-0306
入浴料:800円
道のり:37.1km

ちょっと道の駅「湯西川」から遠いですが、
関東最後の秘湯と言われるのが八丁の湯です。

女夫渕無料駐車場から
熊鈴ならしながらハインキングコースを歩くか、
予約すれば専用の送迎バスで行けます。

国立公園内なので一般車は行けません。

女夫渕駐車場(栃木県日光市川俣880)から
ハイキングコースは1時間20分4.5kmで八丁の湯に到着します。

女夫渕駐車場に車中泊して行くのも良さそうです。

軽登山の服装が必要なのと、
冬はかなり雪が積もるのことに注意が必要です。

山奥にある奥鬼怒最古の温泉で、
3つの混浴風呂と
滝見露天風呂 (女性専用)
そして内湯があります。

大自然の中にある
少し熱めの露天風呂に浸かりながら
流れ落ちる滝を見るのは
気持ちよさそうですね。

 

 

ということで、

道の駅「湯西川」を拠点に
日帰り温泉巡りをするなら
今まで挙げた温泉だけで
満腹になりそうですが、

さらに足を延ばせば、西に道のり25~40キロのところに
元湯塩原温泉、塩原温泉も有ります。

無料で車中泊ができて観光スポット巡りもできる道の駅「湯西川」

道の駅「湯西川」を拠点に巡れる人気の観光スポットを調べて、
車の道のりで36km圏内にあるところを、近い順に紹介します。

湯西川ダックツアー

所在地:栃木県日光市西川478-1
道の駅「湯西川」から発着

子どもは救命胴衣を着けて、
窓が無く風を感じながら、
ダム湖へ勢いよく入る瞬間の水しぶきはスリリングなアトラクションです。
ダム湖を巡って、湯西川ダムの見学も迫力があります。

龍王峡

所在地:栃木県日光市鬼怒川温泉滝
道のり:南へ12.1km

白龍峡、青龍峡、紫龍峡の3エリアに分かれ、
渓流沿いのハイキングコースなど4つのコースがある。

ハイキングはつづら折れの階段が続いて少々きつめだが、
その分絶景ポイントにたどり着くと嬉しいもの。

健脚向きのコースもあるので、自分に合ったコースを選びましょう。

道に迷わない為にハイキングマップも参考にすると良いです。


秋は紅葉の名所。

春は雪解けの頃の水量が豊富で
さらに迫力のある滝を鑑賞できるでしょう。

鬼怒楯岩大吊橋

所在地:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1436 
道のり:南へ16.8km

橋の中央はけっこう横揺れするが、
鬼怒川の景色が素晴らしく、
川下りの船が次々に見える、
渡り切って展望台に登ればさらに見晴らしがよい。

東武ワールドスクウェア


所在地:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209−1
道のり:南へ18.6km

世界の遺跡や名所の25分の1の大きさで
精巧に再現したミニチュアパークに驚かされます。

グランデ イソーラ

所在地:栃木県日光市小佐越320−1
道のり:南へ19.3km

本格的なカートに気軽に乗れるところ。

大人も子供も本気で上手く走ろうと頑張ってしまいます。

ゴーカートと違うスピードで楽しめ、また来たいと言う人もいます。

なぜ日光にあるのかはよく分かりませんが、とにかく楽しかったと言う口コミが多いですね。

とりっくあーとぴあ日光

所在地:栃木県日光市小佐越1−4
道のり:南へ20.6km

現実と描画の違いがわからなくるようなトリックアートの中で
面白い写真も撮れる。

VRジェットコースターや迷路、占いもあり。

大人が童心に返ってはしゃいでしまうところ。

巨大迷路パラディアム

所在地:栃木県日光市柄倉465
道のり:南へ20.8km

本格的迷路で大人も子供も楽しめて、

歩き回って、50分~1時間30分はかかるようです。

夏は飲み物持参で行きましょう。

江戸ワンダーランド日光江戸村

所在地:栃木県日光市柄倉470−2
道のり:南へ20.9km

忍者からくり屋敷は人気です。
イベントショーや劇、
花魁劇場では、舞台に上がらせてもらい、御大臣様の役の体験など、
いろいろ楽しませてもらえます。

夏は暑さ対策をしっかりして行くと良いでしょう。

日光さる軍団

所在地:栃木県日光市柄倉763
道のり:南へ21.2km

雨の日も楽しめる室内ショー。
お猿さんとの距離が近く、
餌をあげたり、さるの赤ちゃん抱っこ、
エアホッケーと体験型の楽しみがあります。

スタッフも盛り上げ上手との口コミがあります。

竜化の滝

所在地:栃木県那須塩原市塩原竜化の滝入り口 駐車場
道のり:西へ28.8km

駐車場から滝まで20分ほどだが、
きつい山道、
引き返そうかと思うほど頑張って
たどり着いたら、
3段の迫力ある滝に、大満足だったと言う人が多いところ。

健脚でしたら是非、歩いた末の見事な滝に満足するはず。

日光東照宮

所在地:栃木県日光市山内2301
道のり:南へ34.6km

境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、
金や彫刻がいたるところに施され、
その豪華絢爛な美しさは圧巻です。

日光東照宮だけでなく、
次の日光山輪王寺と
日光二荒山神社も
必見の価値あり。

歩いて行ける近さなので是非。

日光山 輪王寺

所在地:栃木県日光市山内2300
道のり:南西に34.9km

こちらも大きな建物に驚かされます。

黄金の大きな3体の仏像は圧巻です。

大護摩堂の天海大僧正の坐像は
今にも動き出しそうに見えるほどリアルとの口コミあり。

日光二荒山神社

所在地:栃木県日光市山内2307
道のり:南西に35.8km

東照宮に気を取られ、ここへ来ないのは勿体ないことです。

派手ではないが古く大きな建物があり、広い境内の木々もとても立派。

東照宮より雰囲気が良いと言う人もいます。

無料で車中泊ができて星空観察もできる道の駅「湯西川」

衛星写真で分りますが、道の駅の周囲は山ですね。

星がきれいな訳です。

「星がすごい」とポストがあります。

近くの湯西川温泉から「星空がプラネタリウムみたいに綺麗」とポストがあります。

湯西川温泉から見上げた満天の星空写真です。

夏はもとより、
冬冷たく澄んだ夜空には、
美しくさんざめく星々を眺めることができます。

車中泊|道の駅「湯西川」を拠点に旅の計画例

無料で車中泊ができる道の駅「湯西川」を拠点にすると、
たくさん温泉地や観光スポットが選べるので迷いそうですが、
東京方面から来る場合の
2泊3日の旅の計画例を挙げます。

計画で巡る観光スポット

  •  湯西川ダックツアー
  •  道の駅湯西川の温泉と食事
  •  龍王峡ハイキング
  •  きぬの宿 志季大瀞着で温泉と食事
  •  世界遺産観光「日光山 輪王寺」「日光東照宮着」「日光二荒山神社」「大猷院」

金曜日:
18:30 東京出 首都高⇒東北自動車道⇒いくつかの国道
   途中のPAなどで夕食を済ませて明日の朝食も購入しておく。

22:00 道の駅「湯西川」着
   温泉「湯の郷」は受け付け19:00まで
   食堂は15:00までなので間に合わないから、
   すぐに車中泊で寝てしまいましょう。

土曜日:
6:00 起床、朝食後に道の駅周辺を散策。
9:15 道の駅「湯西川」から湯西川ダックツアーに出発
10:40 湯西川ダックツアー終了、道の駅「湯西川」へ着
11:00 道の駅「湯西川」の温泉「湯の郷」に入る
12:00 道の駅「湯西川」の食堂で昼食
13:00 道の駅「湯西川」出、
13:20 龍王峡駐車場、ハイキングコース最短を行く
    龍王峡ハイキング五龍王神社⇔白岩
16:00 ハイキング終了、龍王峡駐車場出
16:20 きぬの宿 志季大瀞着、温泉と食事を堪能する
18:30 きぬの宿 志季大瀞出、近くのセブンイレブン鬼怒川バイパス店で朝食購入
19:00 道の駅「湯西川」着、車の中でのんびりして寝るのみ

日曜日:
6:00 起床、朝食
7:00 道の駅「湯西川」出
7:40 日光山 輪王寺着
    8:00に開く「日光山 輪王寺」から拝観して、
   「日光東照宮着」「日光二荒山神社」「大猷院」を徒歩6時間ほどで巡る。
15:00 帰路へ着く
18:00 東京着

旅の計画は立てるのがおもしろいですが、
良い思い出となるように、
余裕を持たせて欲張らないのが大事ですね。

まとめ

無料で車中泊ができる道の駅「湯西川」は日光にあり、
鉄道駅と天然温泉が併設され、
星空観測にも適しています。

それだけではなく、車中泊をすれば、道の駅湯西川を拠点に

電車や車で
近くの有名温泉地 湯西川温泉、川治温泉、鬼怒川温泉を巡ったり

次の人気観光スポットも巡ることができます。

  • 湯西川ダックツアー
  • 龍王峡
  • 鬼怒楯岩大吊橋
  • 東武ワールドスクウェア
  • グランデ イソーラ
  • とりっくあーとぴあ日光
  • 巨大迷路パラディアム
  • 江戸ワンダーランド日光江戸村
  • 日光さる軍団
  • 竜化の滝
  • 日光東照宮
  • 日光山 輪王寺
  • 日光二荒山神社

車中泊を使えば、朝早く行きたいところへ着けます。
待ち行列を回避して効率よく観光スポットを巡れますね。

道の駅湯西川を拠点に車、電車で
40km圏内の有名な日光の温泉や観光スポットを巡る
旅はいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次